推して参る

舞台観劇感想、になったらいいな。

万一、自分が喪主/相続人になったら

余計なお世話だし、専門知識も何もないので鵜呑みにしないでいただきたいのですが現在進行形で困っていることを忘れないように書いておきたいので、残します。

 

なくなった直後
→葬儀の手配。互助会とやらに加入していれば割引になる可能性あり。
葬儀屋に依頼すれば、死亡届まではやってくれるはず。
親戚を呼ぶのであれば、余裕があれば日程調整。

その後にやること
●故人の年金受給停止と、健康保険の解約(確か14日以内、でも待ってもらえる)
遺族年金の対象になるか、未支給年金の受け取り(相続人代表者の戸籍抄本が必要らしい)
●入院費清算
●生命保険の確認、医療保険の解約、健康保険からも入院・葬儀費用の充当ができる場合あり
●遺産の確認(預貯金、株、不動産。預貯金に関して銀行は不要な争いに巻き込まれたくないので死亡が判明した段階で口座を凍結する。解約には本人確認書以外に、遺産分割協議書をまとめないといけない。株はどうやら一旦相続してから解約しないといけないらしい??)
負の遺産の確認(個人の借り入れ、会社などしていたら会社の借り入れ、住宅ローン、自動車ローン、万が一保証人になっていたり、負の遺産のほうが多かったら相続放棄(3ヶ月以内に手続きが必要)も視野に入れる。住宅ローンは団体信用生命保険に加入していないと亡くなった後は遺族が支払い義務あり)
●不動産登記の変更、名義変更(故人の生まれてから死亡までの戸籍謄本、筆頭人の戸籍謄本が必要)
●自宅などがある場合、電気・水道・ガス・電話確認。必要がなければとめる。

ひとまず、なくなってから1ヶ月ほどで見えてきたやらねばならないことの山。
ついでに、こんなことをしている間に49日の法要・お墓問題が発生する場合もある。
(我が家はまさしくその真っ只中。何から手をつけていいやら・・・)

 

ほんと、親が元気なうちに聞けること聞いておこうね、みんな。。。。

特に我が家は父がマスオさんなうえに、離婚していた。尚且つ旧姓には戻さず結婚後の姓のままだったせいで父の戸籍が訳わからないことになってる。
ついでに父の代からの分家扱いで霊園がない、お墓がない、お寺の付き合いもない。どーすんねん、親父のお骨。

っていう具合で死んでるよ\(^o^)/