推して参る

舞台観劇感想、になったらいいな。

悪魔で執事。

推しさんじゃないんですけどね。
昨日、レディ・べスの加藤・平野・古川初日を見てきました。

ストーリー自体は初演は歌とかBGMで強引に場面転換していて、話の流れが見えにくかったかな、と個人的には思っていたのですが。
(確か各組2回ずつくらいは観てたはず)

それが再演でうまくつながるようになっていた。
アンブーリンの呪い感と、「もういいよ」感が強かったですが…


カテコで綾ちゃんが「初演から3年半」と言っていて、あぁ、もうそんなに経つのね。と。
初演の評判で片方の組み合わせにばかり人気が集中してしまっているけど、私は加藤・平野コンビが好きです。


散々Twitterでもつぶやかれてたけど、2階席の中ほどで見ていたのですが、ゆんフェリペが出てきた時(「クールヘッド」のイントロに合わせて)に客席の女性陣が一斉にオペラグラスを構えたのは笑った(かくいう私も、その前のキスシーンからしっかりと構えていた)

万人を黙らせる美貌、すごい。

初演と比べると出番が減った(ように感じた)フェリペですが、ゆんフェリペは間違いなくセバスチャンの経験が生きている。

正直、彼がセバスの告知を見たとき東宝ミュージカルで起用され始めているのに今更そこに戻る?!とおもった。サーカス編まではキャストさんたちの歌唱力も2.5界隈では歌える人たちを集めていたので、納まるところに納まった感じはあったけど。。。
(幽霊客船編はリジー無双を観たいので見に行きたい。んだけど、そこのキャスト変わるの?!歌、大丈夫???チームで一番歌えてなかったよね???と思ってしまう件があって、見に行きたいけどちょっと不安です。アンチとかではないんだけど、正直に書くと先代の卵焼きユニフォームの学校、苦手な人が多いんです・・・・)

話がそれたので戻すと、初演のフェリペは飄々としていてクールヘッドと歌う割に切れ者だとは感じなかった。
けど、今回のゆんフェリペはドS。
じわじわと、わかってるんだけど知らないふりをしてそうなるように仕組むというか。
主人の魂を狙う悪魔、っていう特殊な作品・役を生きた経験が彼の中で生きているのかな、と思いました。


やっぱり、各組2回ずつくらい、観ないと足りない…