読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推して参る

舞台観劇感想、になったらいいな。

若手俳優応援スタンス

なんだか、同じグループの方々が書かれているので真似してみます。

 

 

私自身について

もうすぐ30の大台に到達する、都内在住、会社員。
推しさんより学年は1つ上。お誕生日の近い同年代の人は廣瀬智紀さんだと昨日、知りました(ぐぐった)
店舗業態の接客業を多数経て、2016年4月に上京&転職。(理由はお察しください)
旅行予約のようなことをしているコールセンターにいます。日・祝定休、本とは土曜日休みも欲しかったけどスキルなしのデスクワーク転職はなかなか厳しかった・・・定時18時。頼むから平日ソワレは19時開演にしてね・・・

趣味はカラオケ、かな・・・(もっと他に何かないんかい)
よく歌番組で使われる某機種での最高点は97.566点。

 

推しさん

青木玄徳さん。
Dream Live2013で沼に落ちて、2013年の9月23日の昼公演だったかな。その全国氷帝公演で完全に落ちました。
GARO放映時の新宿ロフトイベント、熱帯男子2、仮面ライダー鎧武、海峡の光、運動会、ZUKAN発売の握手会、Mr.マックスマン、闇金ドッグス、もののふ白き虎、リボンの騎士、FC旅行、人間風車、朗読劇ラブレターズ、瞑るおおかみ黒き鴨、生誕祭×4年分、学祭トークイベント、、、羅列したらあまり数はない(ような気がする)けれど、それなりに現場に通っていた気はする。
最初のエントリで触れた客寄せパンダにされた舞台は、海峡の光です。無限ブロマイド地獄。


そして充電期間を経て復活した推しさんのスタンスがとても好きです。
充電した後に変わっていなかったら多分私は推し変をしていたと思う。

ちなみに青木さんは2番目の俳優推しさんです。推し変する前の推しさんは、超絶怒涛のセクシー俳優、斎藤工さんでした。(一時は茶の間で並行して推していたけれど、理由は察してほしい)

 

好きになる基準
私の場合は、声です。
形容できないけれど、聞いていて落ち着く声の人が好き。
最近気づいたのだけれど、自分はこだわりがない人間なのでなにかこだわりがある人が好きなのかもしれない。

 

舞台を見に行く基準
推しが出ているか否か、他に気になる役者さんはいるか、2.5だと自分がその原作を好きだったかどうか、演出・脚本・音楽もちょびっとだけ、気にする。
綺麗な西田さんは好きですが、どうも身内のりの強いものになると合わないらしい。
三國無双が無印の頃から大好きで全作プレイしているので、気になるんだけど、西田さんも三國志好きとうかがっているので、解釈違いが怖くて見に行けません。
音楽は和田さんが鉄板。ハイステとチアステ、好きです。

推しが出ていれば基本的に全力投球なのですが、もふ虎で22公演しかない(確か)のに、ちけっとが40枚以上あった、という数字のおかしな事態を経験しているので最近は学習して、無理をしないようになりました。
が、パタリロの続編に続投してくれたら…話は別かもしれない…


舞台などのイベントに行く基準
だいたい、とりあえずは行ってみる。行かずに後悔するくらいなら、行って後悔すべし。が座右の銘になりつつあります。
楽しいものが殆どですが「もうこの作品のイベントは、いいかな…」と思っている作品が正直なところ、いくつかあります。
闇金ドッグスは1の時、ほんっとーにしょうもない役でチョイしか出ていなかったのに、なぜか東名阪でイベントが組まれて全通したのですが(ばか)、それが効いたから突如忠臣の相棒にまで上り詰めたのかな、と思う。
ご本人も2以降は乗り気だから、まぁ結果オーライかな。
続編を匂わせている某映像作品はたぶん、もういいです…


グッズを買う基準
FCのものは正直、ダサいダサいと言いながらついつい買ってしまいます。
舞台のものだと大体パンフと写真かなー。
ランダム系はつい熱くなって推しが出るまで帰れま10してしまう。


雑誌、映像を買う基準
推しが出ているか否か。これに尽きる。
雑誌は鎧武のころの特撮モノが若俳雑誌はただでさえ高いのに、+特撮ってだけでまた高くなるのでしんどかった。
ここ最近はJ-tripperさんめっちゃよかったです。全部のページフルカラーの推しでインタビュー満載で1000くらい。コスパ良すぎ。
映像は単純に見ていて楽しくなれるので俺旅が好きです。基本的に複数購入しませんが全国氷帝のDVDだけは発売イベント頑張りたくて何個か…


手紙/プレゼントについて
1舞台大体1回は書く。初日終り(個人的な初日)に1度、が多いかと思います。
必死に書いたりはしていないと思う。あとは大きなイベント(生誕祭、旅行とか、FC絡み)の後に書いて郵送したり。
プレゼントは、一時期割とせっせと好きなブランドのものを贈っていましたがタンスの肥やしになっているのか、はたまた捨てられているのか全く分からなくて無駄なことはやめよう、と悟りました。私のセンスは、推しの好みには合わないらしい。
ただし、生誕祭はなんかもう持っていくのが当たり前みないな流れになっている気がするのでその時は持っていきます。皇室献上品のトイレットペーパーとかにしようか悩んだ。(前にはあいちゅーんずかーどを入れたこともある。)


普段の行動
職場と自宅を行ったり来たり。たまに最寄駅と自宅の間(徒歩2分)にあるイタリアンみたいなところで飲んだくれている。
お酒好き。仕事終わりに家に帰ってきて飲んだりもする。
Twitter常駐。評判のいい舞台の時は他担さんの推しをほめるツイートを検索してはRTしまくる迷惑な人。

 

 同厨/同担
拒否はしていないし、感覚の合う人と現場で話したりはする。
けど、積極的に同担皆兄弟、とかそういう感じではない。
正直、現場でお見かけする人で「こうはなりたくないな」と思ってしまう人がいる。
某舞台の時に「青木さん推しではない人」と譲渡条件を付けられた譲渡を見たとき、この方と過去にかかわった同厨の間に何があったんだろう、と思ってしまった。自分もその括りに入ってしまうことを申し訳なく感じた。
このあいだのトークライブのときは後出し告知だったから行きたい気持ちは痛いほどわかるし、私もチケットがなくて焦った。
が「行けるかわからないな~><」といったニュアンスのツイートにも「行かないならば譲ってください」と群がる人たち(どう考えても同厨)を目撃してしまって、はじから他人様に迷惑をかけるな、と鉄拳制裁を食らわせに行きたくなった。

 


応援するうえでの心づもり
こんなぶろぐをやっている時点で矛盾しているのは承知の上ですが、目立ってマウンティングしたいとは思っていません。
もっと現場に通っている人はまだまだいるし。
が、一応。見た目に関しては一応気遣っていて「ダサい」「いつも変なカッコをしてる」とは思われないようにはしています。


 

よし、こんなところ、かなー… 
いい具合にお酒がまわって眠くなってきたので寝ます。
おやすみなさい。